ベトドク友好病院がハティン省総合病院を専門的に支援しました。

イベントニュース

2023-08-29 15:52:26

615日、副院長であるグエン・マイン・カイン准教授・博士を団長とするベトドク友好病院代表団は、ハティン省総合病院を訪問し、指導活動を行いました。代表団を出迎えたのは、ハティン総合病院院長であるホアン・クアン・チュン第2級専門医と病院内の各科・部のリーダーの代表者たちでした。

 

会議では、グエン・マイン・カイン准教授・博士が、専門的な活動の審査と評価の計画、プロジェクト1816、遠隔診療と治療のプロジェクト、2023年のトレーニングパッケージを受ける能力について簡単に紹介しました。

 

ベトドク友好病院副院長であるグエン・マイン・カイン准教授・博士が発表しました。

 

ハティン省総合病院の代表は、診察と治療活動、および支援を必要とする専門分野の提案の必要性について報告しました。ハティン省総合病院はグレード I の病院であり、保健局が1000床を割り当て(実際に1422床があり)、臨床科26、副臨床科8、機能部10を含む44部門があります。同病院は、ベトドク友好病院から脳神経外科、画像診断科、循環器科などの専門分野の専門知識を移転するサポートを受けることを希望しています。その支援内容は以下の通りです: 柱状椎間板ヘルニアの内視鏡手術、低侵襲脊椎手術、髄膜腫手術、脳室外ドレナージ、内臓血管結節、末梢血管インターベンションなど。

 

ベトドク友好病院の専門家チームがハティン総合病院の各診療科で実地調査を実施しました。

 

ベトドク友好病院の専門家はハティン省総合病院の設備と専門能力についてコメントしました。

 

各科・部での実地調査の後、ベトドク友好病院の副院長であるグエン・マイン・カイン准教授・博士がこの訪問と調査を総括しました。ハティン省総合病院が明確な人材育成計画を持つこと、必要な技術や対応する設備の技術を優先すること、トレーニングや実践における合法性を確保すること、実践的なトレーニングを促進し、直接的な実践知識の不足を避けること、トレーニングを受けた技術をはじめ、近い将来配置される必要のある技術に対応するための設備を迅速に追加すること、設備の調達には地方当局からの投資が必要であること、遠隔医療システム、オンライン診察に積極的に参加する必要があること、などのことがまとめられました。また、グエン・マイン・カーン准教授・博士は、2022年にハティン省総合病院が達成した診察・治療業務の成果を高く評価し、男性学、顔面形成、肝臓・胆道消化などの専門分野に応じた技術支援パッケージを申請する提案に同意しました。

 

会議は成功裏に終了しました。

シェア

関連のニュース

韓国のソウルアサン病院がベトドク友好病院を訪問と勤務しました。

イベントニュース

03/10/2023

6月15日、副院長であるグエン・マイン・カイン准教授・博士を団長とするベトドク友好病院代表団は、ハティン省総合病...

日本の神経血管外科の第一人者との頭蓋底・脳血管外科分野での交流と共有...

イベントニュース

03/10/2023

6月15日、副院長であるグエン・マイン・カイン准教授・博士を団長とするベトドク友好病院代表団は、ハティン省総合病...

ベトドク友好病院で70の基本的な腹腔鏡手術トレーニングコースが開催されました...

イベントニュース

29/08/2023

6月15日、副院長であるグエン・マイン・カイン准教授・博士を団長とするベトドク友好病院代表団は、ハティン省総合病...

注目のニュース

医療ニュース

05/04/2022

リクエストによる診察により、患者様は教授、准教授、博士、医師などの専門家に直接的に相談する機会があり、安心と信頼を与えられることもできます。最新の機械設備のシステムの効率的な...

医療ニュース

05/04/2022

6月22日にベトドク友好病院にて、科学評議会は「ベトドク友好病院におけるフルニエ病治療後の患者の性生活の質の評価」(MS TH04.2019)および「2019年にベトドク友好病院における消化器がん手術...

医療ニュース

05/04/2022

総合的で質の高い診療サービスを改善し、患者の満足とニーズに応じるため、2020年5月16日よりベトドク友好病院はC4棟のリクエストによる診察エリアにて、土曜日にリクエストによる診察活動を...

病院からのメール受信の登録をする