大腿骨頚部骨折の外国人患者に対する股関節全置換術

深度优势

2022-12-20 14:58:22

最近、ベトドク友好病院は、1週間前にバイク事故で入院したE.Lさん(男性、51歳、フランス国籍)の症例を受け入れました。患者は股関節の痛みで来院し、運動能力を失い、自力で動くことができず、車いすで通院していました。

 

病院の副院長で上肢外科・スポーツ医学の科長であるグェン・マイン・カイン准教授・博士が以下通り情報を共有しました。予備的臨床検査の後、患者は股関節の損傷と診断されました。一般撮影検査及び必要な非臨床適応を行い、レントゲン写真上、右大腿骨頚部骨折が見つかりました。

 

グェン・マイン・カイン准教授・博士は、この骨折は位置が大腿骨頭部に近く、治癒が難しく、頭部が壊死しやすい危険性があるため、かなり特殊な位置であると評価しました。50歳以上の頭部に近い骨折の場合、骨癒合の予後が非常に悪いため、釘やネジで骨を結合してもあまり効果がなく、患者の固定期間が長くなってしまうのだそうです。医師は専門的な判断のもと、患者さんやご家族と慎重に話し合い、セメントを使わない人工股関節を使用し、小さな切開創(5cm)で2回の動作を行う低侵襲手術法により、術後の作業が簡単で、患者さんの痛みを軽減し、術後1日で座って歩けるようになる人工股関節全置換術を決定しました。

 

ベトドク友好病院で行われた51歳のフランス人男性の股関節置換術は、20分以内に行われました。この手術は、車椅子に乗っている患者さんが、手術後に動き回れるようにするために役立ちます。

 

20分の人工股関節全置換術は無事に終わりました。E.L.さんは完全に目が覚めて治療科に移され、切開部は乾燥しており、硬膜外手術後の鎮痛剤の後、座ってリハビリを実践することができました。

 

専門的な資格、近代的な設備、献身的なケア、プロフェッショナルなスタイルで、すべて患者の満足を目的として、ベトドク友好病院は国内外の患者にとって信頼できる医療センターとなりました。病院の医師と看護師は外国語で流暢にコミュニケーションができ、よく訓練され、イギリス、フランス、アメリカなどの主要な国で研修を受けています。近代的な設備、不顕性診断のための機械、先進的な手術室システムにより、患者は病院を訪れる際に、最高品質の医療サービスを受けることができます。このため、国内の患者だけでなく、多くの外国人患者もベトドク友好病院に対して良い印象を受けています。

 

手術から2週間後、E.L.さんは再検査のために病院を訪れました。患者さんは順調に回復し、松葉杖や支持枠なしで楽に歩けるようになり、リハビリ体操を続けるとの指示がありました。この外国人患者は、一流の専門医によるタイムリーな手術を受けたことで、痛みを早く取り除き、日常生活に戻ることができたと喜びを表しました。

 

シェア

関連のニュース

新たな命を蘇らせるために、29歳の女性が臓器を提供しました。

深度优势

25/05/2023

最近、ベトドク友好病院は、1週間前にバイク事故で入院したE.Lさん(男性、51歳、フランス国籍)の症例を受け入れまし...

注目のニュース

医療ニュース

05/04/2022

リクエストによる診察により、患者様は教授、准教授、博士、医師などの専門家に直接的に相談する機会があり、安心と信頼を与えられることもできます。最新の機械設備のシステムの効率的な...

医療ニュース

05/04/2022

6月22日にベトドク友好病院にて、科学評議会は「ベトドク友好病院におけるフルニエ病治療後の患者の性生活の質の評価」(MS TH04.2019)および「2019年にベトドク友好病院における消化器がん手術...

医療ニュース

05/04/2022

総合的で質の高い診療サービスを改善し、患者の満足とニーズに応じるため、2020年5月16日よりベトドク友好病院はC4棟のリクエストによる診察エリアにて、土曜日にリクエストによる診察活動を...

病院からのメール受信の登録をする